リスクを受け入れることが不動産投資成功のコツ

不動産投資で成功するためには「リスクを受け入れること」が重要だと実感しています。

 

「人口流入が予測される都心近郊の人気エリアで駅近生活利便性高い立地でまだ新しくて当面修繕負担も発生しないRCのカッコイイマンション」はリスクは限りなく低いと思いますが超低利回りでインカムでは儲からない物件ということになります。

 

例えばコチラの勉強をして物件を探していくと地方立地の物件を検討することになり、

「マクロでは総人口減少・少子高齢化・都市一極集中が言われているなかで地方エリア立地物件の空室リスクは大丈夫だろうか?」と不安になることもあるでしょう。

 

 

ここで、「リスクがあるからやめておく」と「リスクを理解し対策を考える」でリターンが大きく異なってきます。

 

 

「長期的に見れば人口減少は避けられない、そのような状況下でもどうすれば競合に勝てるか?そもそも競合はどのような状況か?」

 

そういったことを考え、物件取得前に競合状況を確認し、物件取得してからもしっかり対策をうつことが重要です。

 

現状満室だからといって満室前提で収支を組むのではなく、一定の空室率をあらかじめ見込むのが「リスクを受け入れる」ということでしょう。

 

 

 

私の過去の例でいうと、激安戸建て投資のときには「修繕リスクを負う」前提で投資にふみきりました。

 

取得後はセルフリフォームで費用をおさえ、あえて自主管理にし入居者との関係作りを意識し(入居者へお歳暮的なものを送ったこともあり)ちょっとした不都合は入居者自身で対応してもらうようにしました。

(そもそも数年後に売却する前提で取得しています)

 

今ではこんな投資はやってられないので、取るリスクを変えていますが。。

 

 

不動産投資のデメリットの記事でも書きましたが、マクロ分析はそれほど重要ではありません。

 

局地戦で勝てば良い。

 

 

 

全額自己資金でやるなら、不動産だろうが株だろうが、考えすぎずまずは少額からやってみればよいでしょう。

 

借金レバレッジ活用で不動産投資を実行する場合は特に、

「リスクを受け入れること」が重要ですね。

 

 

ブログランキングが上がると記事投稿のモチベーションがあがります。

記事が参考になったらクリック応援をお願いします↓^^↓

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ