不動産投資に向いている人

「借地権アパマン投資法(芳賀成人)|影響受けた書籍シリーズ」の記事を書いていて、ふと、思いました。

 

「なぜこんな面倒なことをやってきたんだろう?」

 

 

 

優良物件取得のためには情報収集にそれなりに時間をかけるのは仕方ないとしても、よりによって借地権+リノベーションなんていう面倒くさい案件に取り組んだりして。

 

サラリーマンの仕事をしっかりこなした上で、限られた自分の自由な時間を削ってですからね。

 

株やFXならクリック一つで投資完了するのと比較すると、「不動産投資は面倒」とも言えます。

 

しかも、多額の借金というリスクっぽいものを抱えることになります。

 

それなのに、なぜ、私は不動産投資なのか?

 

 

 

私が不動産投資を好きなのは、「考えることそのもの」が好きなんだと思います。

 

物件情報が入ったときに、妄想とはいえ「利回り○%!家賃収入○百万円!」

 

とか、

 

「普通の中古RCじゃ利回り低い、であれば借地権ならどうか?」

 

とか、

 

「超築古で一見魅力なさそうだけど、リノベーションすればむしろ新旧融合で面白い物件になるかも?」

 

とか。

 

 

 

株式投資の場合は、もちろん会社分析などはするんですが、株価は結局自分ではコントロール不能な外部環境がかなり大きく影響してくると感じています。

 

「トランプが大統領」で株価が大きく動いたりしますが、大統領を自分が決めることなんてできません。

 

 

 

それと比較して不動産投資は、自分次第でリスクは少なくリターンは大きくできます。

 

誰が大統領になろうが影響ありません。

 

自己責任要素が大きいからこそ、思惑通りに物件取得できたときの達成感が大きいんですよね。

 

 

 

 

 

不動産「投資」という言葉が分かりにくくしていますが、

 

 

 

儲けとかお金だけでない、「達成感」みたいなものを求めている方には不動産投資は相性良いと思います^^

 

 

 

ブログランキングが上がると記事投稿のモチベーションがあがります。

記事が参考になったらクリック応援をお願いします↓^^↓

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ