不動産投資の成功は入口(物件取得)で8割決まる

情報の出どころは定かではないですが、「不動産投資の成功は入口(物件取得)で8割決まる」とよく言われています。

 

安く買っておけば何とかなるという意味で遠からずといったところではないかと思います。

 

私自身も、一部物件については売却しましたが、安く買っておいたからこそ売却益も得られたわけで、逆に売却損が出てしまうと借入額によっては売却そのものが成り立たないケースもあったでしょう。

 

 

 

不動産投資を実践する前にまずは勉強すべし!

とは良く聞きますし、私もそうだと思います。

 

しかし、「勉強しすぎはどうか?」と感じることも多いですね。

 

私もたまに不動産投資家や予備軍が集まる場に参加することがありますが、

私が到底及ばないほどすごく勉強しているのにまだ一件も物件を買えていない方がいらっしゃいます。

 

勉強しすぎていろいろなリスクが見えてしまって、行動できなくなるパターンですね。

 

このような勉強をしても結局半分以上の方が投資を実行できていないのは「勉強しすぎ」の弊害かもしれません。

 

「習うより慣れよ」

 

ある程度の勉強は必要かもしれませんが、実践してわかることのほうが大きいかもしれませんね。

 

 

 

どのような不動産投資手法でもリスクゼロにはできません。

 

しかし、リスクの向こう側にこそリターンがあります。

 

そして、入口(物件取得)を間違えなければ8割成功するのですから、取得後のリスク対応は実践しながら少しずつ実力をつけていけば十分対応可能です。

 

物件取得するまでは正しい物件取得のための勉強に特化するのが最速ですね。

 

入口(物件取得)に特化した教材

 

 

ブログランキングが上がると記事投稿のモチベーションがあがります。

記事が参考になったらクリック応援をお願いします↓^^↓

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ