地方大型中古一棟マンション投資のメリット・デメリット

地方大型中古一棟マンション投資は、もともと資産家でないサラリーマンが、大きな資産を短期間で築くための王道手法です。

 

光速収益不動産投資法もこれにあたります。

 

何をもって大型か?というのは難しいところですが、1棟キャッシュフロー300万円超くらいのイメージでしょうか。

基本的には億超えの物件になります。

 

地方大型中古一棟マンション投資のメリット

・大きなキャッシュフローと資産価値

・規模の利益(管理面)

・凄い人に見られる(もちろん物件次第)

 

地方大型中古一棟マンション投資のデメリット

・物件そのもので問題発生すると他でカバーするのが大変

・競合が多く購入するのが大変

・管理会社とのコミュニケーションが鍵(人と接することが嫌いな人には向かない)

 

不動産投資は家賃収入によるインカムゲインか物件売却によるキャピタルゲインで利益を出さなければ成り立ちません。

 

賃貸借需要の大きい都心であればインカムもキャピタルも狙えますが、物件の利回りが低いため多額の自己資金を投入しなければ収支赤字になってしまいます。

 

そこで、立地を譲って地方へ行き利回りを高め、フルローン(物件価格全額の融資)やオーバーローン(物件価格以上)で大型物件を狙います。

 

この投資で重要なのが「購入基準をぶらさない」ということです。

 

人気の手法なので簡単には買えないことに我慢できず、焦って基準を緩めてしまうと「家賃の大半が多額の借金返済に回ってしまい手元に残らない」状態になります。

 

変な物件を購入してしまうとカバーするのが大変なため、

購入時の検討はより慎重にする必要があります。

これが手間と言えば手間ですが、チェックリストに沿うだけで難しくありません。

 

具体的なチェック項目は光速収益不動産投資法などに詳しく解説されています。

 

物件調査も半分旅行と楽しみながら、良い物件が出てくる(というより自分で作る)のをじっくり待つのがこの手法成功のカギでしょう。

 

 

ブログランキングが上がると記事投稿のモチベーションがあがります。

記事が参考になったらクリック応援をお願いします↓^^↓

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ