金持ち父さん貧乏父さん(ロバート・キヨサキ)|影響受けた書籍シリーズ

2005年だったでしょうか、こちらも私が不動産投資を始めるきっかけになった本です。

 

金持ち父さん貧乏父さん改訂版 アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 [ ロバート・T.キヨサキ ]

 

私が初めて読んだのは改定前のものでしたが、当時のサラリーマン不動産投資家で本著を読んでいない方はいない、と言えるほど日本人のお金に関する考え方に影響を与えた有名書籍ですね。

 

・中流以下はお金のために働き、金持ちは自分のためにお金を働かせる

・金持ちは資産を手に入れ、中流以下は負債を手に入れ資産と思い込む

・持ち家は資産でなく負債

・自分のビジネス=資産を持つ(収益不動産も該当)

・会社を作って節税する

 

良い教育を受けて、良い大学へ入って、良い会社へ就職すれば人生成功という古い考え方から変わるきっかけになりますね。

 

私自身本著を読んでサラリー以外の収入の柱を作ることを決心し、不動産投資を目指し、日本の不動産投資関連本を読み漁って不動産投資を実践してきました。

 

本著を読んでから日本での不動産投資の考え方をまとめた破壊的成功法を読むとさらに理解が深まると思います。

 

 

金持ち父さん貧乏父さん改訂版 アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 [ ロバート・T.キヨサキ ]

価格:1,728円
(2017/5/20 14:51時点)
感想(15件)


ブログランキングが上がると記事投稿のモチベーションがあがります。

記事が参考になったらクリック応援をお願いします↓^^↓か

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ