物流不動産の賃料が下がる?物流REIT(リート)の今後は?

私個人の投資にはあまり影響ありませんがサラリーマン業に関連する気になるニュース。

物流不動産相場の今後は如何に?

 

LNEWS「物流系の平均時給/63か月連続アップ、物流作業は2.5%増」

 

 

これまでCAPレート右肩下がりであった物流不動産については、首都圏内陸部、近畿圏沿岸部などで新規開発が活発で需給が悪化しつつあり成約賃料も頭打ちのようです。

 

人件費は上昇を続けており、ヤマトの大口向け値上げの動きなどトップライン改善に向けた動きが目立ってきましたね。

 

 

物流立地については人材確保容易な立地であるかがこれまで以上に重要な要素となっていますが、住宅地と物流立地は相性が悪いですから、物流物件として価値ある「立地」はそう多くないのかもしれません。

 

Eコマースへの流れも継続しており、物流物件への需要が減ることはないようにも思えますが、

これって、既存流通からのシフトでしかないですね。

 

総消費量が増えないと、物流物件の需要は頭打ちになるかと。

 

安定運用先としてREITでも人気であった物流不動産ですが、

今後は、不動産コスト削減の動きが強まってくるかもしれません。

 

 

ブログランキングが上がると記事投稿のモチベーションがあがります。

記事が参考になったらクリック応援をお願いします↓^^↓

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ