和室のセルフリフォーム記録

過去に取得しすでに売却してしまった激安戸建てについて、懐かしい写真がでてきたので記録に残しておきます。

 

こちらの物件は埼玉県北部地方都市のバス便物件でした。

取得価格は300万円台前半。
セルフリフォームで20万円~30万円かけて賃貸に出しました。

利回りは20%超でした。

 

建物は4LDKと大きくもっと家賃がとれそうにも見えますが、
駐車場が1台分しか確保できていないのがネック。

 

最低限のセルフリフォームにして安く貸し出すことを選択しました。

 

 

築30年以上のビンテージ(?)戸建てなので当然和室があります。

ビフォー写真

 

土壁です。柱もくすんでいかにも古い印象です。

 

和室から洋室へのリフォームも一般的ですが、コストや手間がかかります。

それに和室はファミリーには何かと重宝されますので、

今回は和室のままキレイにする方針でセルフリフォームしました。

 

 

↓妻と一緒に珪藻土上塗り開始

 

職人になった気分でコテをつかって珪藻土を塗っていきましたが、、、

 

途中からは面倒くさくなり手で(ビニール手袋着用)

豪快に珪藻土を塗っていきました。

(写真は妻の手)

 

実際の作業は↓こちらを参考にしながら^^

基本から始める塗りのテクニック 塗装、塗り壁、エイジング術……仕上げの完全上達術【2500円以上送料無料】

価格:1,645円
(2017/5/14 05:21時点)
感想(0件)

(写真が多く初心者でもわかりやすいです^^)

 

 

↓アフター写真

 

 

白い珪藻土の壁とダークブラウンの柱(塗装済)と青の畳縁のコントラストに自己満足でした。

 

この当時はまだ仕事がそれほど忙しくなく週末レジャー感覚でセルフリフォームを楽しんでいましたが、今はそんな時間はとれないですね。。。

 

子供が大きくなって興味を持てば、家族のレジャーとしてセルフリフォーム激安戸建て投資を少し復活させるのも面白いかなとは思ってます。

 

 

 

不動産投資の成功は購入時点で8割決まると言われているので、この時はセルフリフォームも含めて初期投資を抑える手法をとりました。

 

どんな不動産投資手法でも「高値買いしないこと」が最重要です。

 

不動産投資を始める前の最低限のお勉強で物件基準を明確に

 

 

ブログランキングが上がると記事投稿のモチベーションがあがります。

記事が参考になったらクリック応援をお願いします↓^^↓

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ