融資の見返り

こんにちは

リーマン大家こうちゃんです

 

昨晩、関西方面に出張で忙しいと言っていた新規物件の仲介担当者から電話がありました。

 

「融資打診中のC銀行から、やはりですが、少し条件がつきそうです。

 

定期預金ではないですが、とりあえず1千万円程度預金置いておいてほしいとのこと。」

 

 

 

本件、オーバーローンなので不動産取得税分を置いておけばクリアできそうなので持ち出しはなさそうです。

 

どうせ、数か月後には不動産取得税を払わなきゃいけないし、その後は、

 

消費税還付分でカバーできる見込みなので、

 

まぁ、持ち出しなく対応できるでしょう。

 

よくよく考えれば、収益不動産を買って将来キャッシュフローを得ながら、

 

オーバーローンと消費税還付で目先の現金も増える!

 

これってメチャクチャ美味しいですね。

 

高利回りRCをガンガン買う方の気持ちが分かってきました^_^

 

 

 

協力普通預金?くらいは仕方ないですね。

 

 

 

「あと、5万から10万の積立は必要になりそうです」

 

・・・

 

預金貯まって良いじゃないですか。

 

 

 

しかし、積立は良いとして、この1千万に何の意味があるか気になります。

 

単純に取得税分の資金確保の目的なのか?

 

実質金利の観点から一定の預金要請してるのか?

 

 

 

銀行担当者との面談時に上手く聞いてみたいと思います。

 

 

 

2週間後のハワイ出発に向けて忙しくなりそうです。

 

 

 

ブログランキングが上がると記事投稿のモチベーションがあがります。
クリック応援よろしくお願いしま~す↓^^↓

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ