決済数日前に価格交渉発生!

こんにちは

リーマン大家こうちゃんです

 

すでに取得契約済の法人1号案件について、

 

決済を数日後に控えたこのタイミングで価格交渉発生!

 

総価格対比1%以下の少額ですが、価格上昇する予定です。

 

 

 

今回、こちらから建物割合をできるだけ高くするように売主さまへ交渉中(売買契約書には内訳は記載されていないので、別途合意書で双方確認)なんですが、建物割合を増やすと売主さまの譲渡益税が増えてしまうと。

 

本物件は相続案件です。

 

建物取得価格はわかっているはずなんですが、土地取得価格が不明のため、譲渡額の5%を取得価格と見なすしかないそうです。

 

そうすると、建物割合高める=土地割合低下=土地見なし取得価格低下(建物取得価格は実額)=譲渡資産全体の取得価格低下=譲渡益税増加、となるので、この税負担増加分を建物価格に上乗せして払おうと考えて「買主側から売買価格増額を提案中」です。

 

 

少し価格増額しても土地建物割合を希望水準にするほうがメリットありとの判断です。

 

相続案件の取得ははじめてなので勉強になりました^^

 

 

ブログランキングが上がると記事投稿のモチベーションがあがります。
クリック応援よろしくお願いしま~す↓^^↓

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ