40代は出費がかさむ!年代別ライフイベント

40代からの投資で成功するためには、今後の人生でどんなライフイベントがあるかを把握しておくことも重要ですね。

 

ライフイベントを正確に把握し、投資目標を明確にするほど成果もあがりやすくなります。

 

 

 

そこで、まずは30代以降の主なライフイベントと必要な資金をまとめてみました。

 

 年代 ライフイベント 教育預金 住宅賃金 老後資金
家族形成期 30代 住宅購入 教育費準備 頭金準備

住宅ローン

家族成熟期 40代 子供の進学 教育費 住宅ローン 老後資金準備
50代 子供の独立 ローン完済 老後資金準備
家族円熟期 60代 退職 リフォーム 老後資金

 

20代から30代で結婚して、子供が生まれて、という家計を想定したものです。

 

 

日本FP協会によるとそれぞれのライフイベントに以下の費用が必要とされています。

 

・子供一人あたり教育費 約969万円(公立)

・住宅購入費  約3,320万円

・老後生活費  約28万円/月

・介護費用   約16万円/月

 

 

40代というのは住宅と教育の資金負担が大きく、

さらには自らの老後の準備も始めなければいけない時期です。

 

40代は人生の中で最も出費がかさむ時期と言ってもよいですね。

 

出費が多い状況でサラリーからコツコツ貯金してもたかが知れています。

 

「他人の金で家賃収入を増やす不動産投資」

出費がかさむ40代にとって最適の投資方法ではないでしょうか?

 

出費が多いなら収入を増やす!

 

可処分所得が多い20代であれば、株式投資などにコツコツ長期積立投資も良いかもしれませんね。

時間を味方につけるという考え方です。

 

40代からの投資では、

将来の資産形成はもちろんのこと

今現在のキャッシュフロー増加を重視した投資を検討したいですね。

 

 

ブログランキングが上がると記事投稿のモチベーションがあがります。

記事が参考になったらクリック応援をお願いします↓^^↓

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ