少しがっかりな業者さんとの面談終了

こんにちは。

リーマン大家こうちゃんです。

 

不動産投資再開のためのパートナー選定のため新規業者さまと面談しましたが、ちょっとがっかりでした。

 

私の概要を伝えたところ、「こうちゃんの収入なら○億円くらいいけますよ」といいながら、スルガ銀行を勧められました。

 

スルガ銀行自体は悪くないですが、それセットとなると、きっと古い物件に無理やり長期ローンでキャッシュフロー確保でしょ?

と思ってしまいます。

 

「スルガ銀行は最初は金利高いけど、将来金利引き下げ交渉できる」と言ってましたが、他行で借換えできるような案件であればの話ですよね?

そんな物件であれば最初から金利安い銀行で頑張るべきでしょう。

 

とりあえず数を捌くのを重視しているのでしょうか?

 

 

こちらのニーズ(個人でなく法人でやりたい)は全く聞いてなかったですね。

 

物件は良いかもしれないので接点は持っておきますが、あまり期待はできないですね。。

 

昨日買付入れた物件が本命になりました^_^

 

 

ブログランキングが上がると記事投稿のモチベーションがあがります。
クリック応援をお願いします↓^^↓

スルガ銀行の正しい使い方徹底解説セミナー

タイトルからしてかなりマニアックな印象の教材ですが、

サラリーマンが不動産投資を志すにあたって避けては通れない、

「スルガ銀行」について徹底解説している教材です。

 


スルガ銀行の正しい使い方徹底解説セミナー

 

 

スルガ銀行は他の金融機関では対応不可能なほど長い返済期間での融資を実行してきます。

 

これによって、目先のキャッシュフローが良く見える(1年あたりの元本返済額が少ない)ため、イマイチ物件でも良い投資と錯覚してしまうケースがあります。

 

販売ページでも触れられていますが、上記の特徴を利用して、スルガ銀行と組んで物件を高値売却しようとする不動産業者が存在するため、物件情報収集で楽をしようとするとこのワナにかかることになります。

 

 

 

スルガ銀行自体が悪いというよりは、「スルガ銀行セット物件情報」に注意!ということですね。

 

サラリーマン不動産投資家の最初の、また最大の課題となるだろう「スルガ銀行セット物件情報」について注意喚起の意味で取り上げてみました。

 

 

 

この教材でもある程度は学べますが、まずは自分の物件基準をしっかり持つことが重要です。

 

その上で、状況によってスルガ銀行を活用するという考え方なら、サラリーマンにとってスルガ銀行は強力な武器にもなるでしょう。

 

 

 

不動産投資は入口(物件取得)で8割決まると言われています。

 

物件そのものの判断以前に「スルガ銀行セット物件情報」に心揺らされているようであれば、勉強しておいたほうが良いかもしれません。

 


スルガ銀行の正しい使い方徹底解説セミナー

 

ちなみに、スルガ銀行は「賃貸併用住宅」の条件も他の金融機関と異なるため、賃貸併用住宅を検討している方も選択肢として加えてみると面白いですよ^^

ページの先頭へ