賃貸物件は禁煙条件にするべきか?

こんにちは

サラリーマン大家こうちゃんです

 

 

この週末は売却検討物件の区分マンション入居者退去後の現地確認に行ってきました。

 

約10年間借りていただいたお部屋はどうなっていたかというと、、、

 

愛煙家だったようで、、、

 

このフローリング剥がれはどうしちゃったんでしょう、、???

 

賃貸管理会社の担当者はクリーニング代金として数万円入居者からとってくれました。

 

まぁ、妥当なところだと思います。

 

 

 

売却をお願いする仲介担当者からは、

 

「想像以上の状態なので、中途半端に修繕せずに、価格で交渉した方が良いと思います、、、。」

 

との提案をいただきました。。。

 

 

たしかに、現状回復だけでもかなりのコスト負担になりそうなので、

 

購入者好みにリフォームしてもらうことを前提に、値下げで対応したほうがトータルでは負担が少なそうです。

 

こういうの経験すると、

 

禁煙条件としたくなるのも分かりますね。

 

私自身、タバコをやめてからかなりたつので、こうなるまでタバコを吸う気持ちが分からなくなっていました。

 

 

 

まぁ、でも、入居者にとっては居心地が良かったからこその10年間ですからね。

 

10年間借り続けていただけたことに感謝したいと思います。

 

年内に残置物撤去、原状回復を済ませて、

 

年明け繁忙期に決着したいと思います。

 

 

 

ブログランキングが上がると記事投稿のモチベーションがあがります。
クリック応援よろしくお願いしま~す↓^^↓

ページの先頭へ